文字サイズ

sample

<font size="1">フォントsize1</font>
<font size="2">
フォントsize2</font>
<font size="3">
フォントsize3</font>
<font size="4">
フォントsize4</font>
<font size="5">
フォントsize5</font>
<font size="6">
フォントsize6</font>
<font size="7">
フォントsize7</font>

preview

フォントsize1
フォントsize2
フォントsize3
フォントsize4
フォントsize5
フォントsize6
フォントsize7

explain

<font size="数字">・・・1から7までの数字を入れます。(デフォルトは3)
相対的に-3~+3で指定することも可能。

※文字の大きさは、CSSで制御する方が望ましいと思います。

文字色

sample

<font color="#ff0000">フォントcolor#ff0000</font>
<font color="red">
フォントcolorRed</font>
<font color="#00ff00">
フォントcolo#00ff00</font>
<font color="green">
フォントcolorGreen</font>
<font color="#0000ff">
フォントcolo#0000ff</font>
<font color="blue">
フォントcolorBlue</font>

preview

フォントcolor#ff0000
フォントcolorRed
フォントcolo#00ff00
フォントcolorGreen
フォントcolo#0000ff
フォントcolorBlue

explain

 

<font color="カラーコード">・・・カラーコードに色の指定を入れます。

>>カラーコード(準備中)

※文字の色は、CSSで制御する方が望ましいと思います。

文字の種類

sample

<font face="MS P明朝">MS P明朝</font>
<font face="MS Pゴシック">
MS Pゴシック</font>
<font face="sans-serif">
sans-serif</font>

preview

explain

<font face="フォント名">・・・半角のカンマ(,)で複数のフォントを指定することも可能。
閲覧するPCにそのフォントが入っていない場合は、デフォルトの文字で表示されます。

フォント名、総称ファミリー名一覧(W3G - World Wide Web Guide様より)

※フォントの種類も、やはりCSSで制御する方が望ましいと思います。

斜体

sample

<em>強調した斜体</em>
<i>
単なる斜体</i>

preview

強調した斜体
単なる斜体

explain

<em>・・・強調した斜体。「強調」が強いので、検索ロボットも重要な単語と認識し、SEO的にも効果あり!(やりすぎは禁物ですが)

<i>・・・単なる斜体。<em>は使いすぎるとスパム行為とみなされ、検索で不利になってしまう場合もあります。なので強調したい訳ではなく、ただ斜めにしたい場合は<i>を使いましょう。

強調

sample

<strong>強調した斜体</strong>
<b>
単なる斜体</b>

preview

強調した斜体
単なる斜体

explain

<strong>・・・強調した太字。<em>と同様「強調」が強いので、検索ロボットも重要な単語と認識し、SEO的にも効果あり!(やりすぎは禁物ですが)

<b>・・・単なる太字。<strong>は使いすぎるとスパム行為とみなされ、検索で不利になってしまう場合もあります。なので強調したい訳ではなく、ただ太字にしたい場合は<b>を使いましょう。